phpプログラマーの年収について

仕事をする上で、年収というのは欠かせないチェックポイントですよね。既に、仕事をしている方でも「今の仕事は、お給料設定は良い方なんだろうか?」と感じている方もいると思います。これから、転職などを考えている方も、「どのくらいが、相場と考えたら良いのだろう?」と思っている方もいるでしょう。

では、phpプログラマーの年収についてご紹介しましょう。まず、phpプログラマーとして仕事をする際には、どういった企業に勤めているのか、どのくらいの経験があるのか、年齢によっても変わってきます。平均年収としては、400万円から499万円の方が多くなり、38パーセントの方がこのくらいの年収となっています。次に多いのは、300万円から399万円。次に多いのは、500万円から599万円。また、地域によっても年収差があります。

年収平均が高いのは、やはり東京都。東京都の場合には、均年収5,885,000円となっています。雇用形態は、派遣社員が多い様。次に多いのは、群馬県となっており、5,600,000円。こちらも派遣という形態が多くなります。そして、神奈川県が5,500,000円となり、派遣という形態が多くなります。逆に少ない地域は、高知県。高知県の場合には、平均年収は2,000,000万円となっており、契約社員という形態が多くなります。平均年収は、地域によってこれだけ差があるということ。年収差だけで、380万円以上もあることになりますから、地域差が大きいことが分かります。

このように、phpプログラマーの年収は地域によっても大きな差があることになります。転職の際などは、自分のお住まいの地域の平均年収もチェックしておくと良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です